遊び方はいろいろ

昼キャバという場所は、夜キャバとはまた違った遊び方が出来る場所だといえます。
例えば、セット料金などの安さを活かして気軽に通える女の子のお店として楽しむような使い方ができます。
大学生などにとって、女の子のお店は割高なものです。
ですから、早い時間などに大学生が飲みに来る事もよくあることです。

他にも、結婚式の二次会前などに飲みに来るようなケースも有ります。
居酒屋に行くよりも景気付けになるのは、キャバクラ嬢と飲む時間が楽しい時間であるということの立証だといえます。

単純に、早い時間からお得に楽しむことが出来るキャバクラとしての使い方もできます。
夜のキャバクラと違う空気感を味わうことがメインにある中で、難しく考えずにさらっと飲むことが出来るのが魅力です。

全く違う客層

昼キャバに遊びに来る男性は、多くの場合夜仕事をしている人であることが多いです。
営業時間から考えると、夜勤従事者がそのまま仕事終わりにやってくることがあることもあります。
特に、朝キャバも行っているようなお店であればその傾向が強いでしょう。
また、二部営業と呼ばれる日の出からの営業を終えたホストなどが顔を出しに来ることも有ります。
このように、夜の世界で生きる人間が集まる傾向が強いです。

しかしながらその中で、仕事をリタイアした引退組や、昼間に時間を取ることが出来る普通の男性も遊びに来ます。
無理にお酒を飲まなくても良い環境であることから、営業担当者のサラリーマンなどが休憩がてらやってくる光景も見受けられないことはありません。
昼間に営業していることから、多種多様な客層の男性が楽しみに来ていますし、楽しみに来ることが出来るという特徴があります。

女性の雰囲気

昼キャバで働く女性の雰囲気は、夜キャバとはまた違った清楚な雰囲気にまとまっていることが多いです。
夜キャバの場合、本気で夜の世界で生きていくことを決めた信念ある女性も少なくありません。
ですから、どちらかと言うとかなりギラついている感触がすることも有ります。

それに対して、昼キャバで働く女性は多くの場合、すでに自分の定職や生活を手にしている人が多いです。
休み中の大学生や、就活中の大学生、そして主婦のお昼のパートなどのように、何かしらの自分の生活が有ります。
そしてこれらの人たちは必要以上に華美に着飾ることもしないですし、華美な服装をすることによって仕事が発覚することを恐れていることも有ります。
ですから、総合的に清楚な雰囲気を放っていることが多いのです。

夜の部と全く違う空気感の女性と過ごす時間を楽しむのも、また良いものだといえます。
熟女店も存在するため、そのあたりは表記をよく見て注意するようにしておく必要があります。

通いやすい雰囲気

昼キャバと夜キャバの違いを挙げるとするならば、最も明確な違いは営業時間です。
そして、営業時間が違うことに付随して発生してくる違いが有ります。
その違いによって、男性にとっては嬉しいメリットが生まれてきます。

まず、昼キャバは営業時間が夜ではない分、基本的に入客を期待してはいません。
全く期待ゼロで経営されているわけではないですが、キャストにあまりにも強い数字の追いかけをさせるようなことはありません。
ですから、指名や同伴ノルマが無いところもよくあります。
その結果として、働いているキャスト自体が数字にピリピリしていない傾向にあり、夜キャバと比べてまったりとした雰囲気で楽しむことができます。
あからさまに数字を追いかけているのではないか、とうっかり思わされるような言動を見てしまうこともなく、純粋に女性との時間を楽しむことができます。

また、営業時間が昼であるがゆえに、セット料金が比較的安い傾向にあります。
安いところでは夜の相場より3000円程度安くなることも有ります。
セット料金が安いということは、それだけ通いやすいということです。
夜の部よりも、気軽に飲みに行くという感覚で楽しむことが可能です。
また、昼の部では生ビール飲み放題になっているお店もある点は注目できます。
多くの夜キャバが、生ビールは飲み放題の対象外、キャッシュオン形式での購入を求められます。
ハウスボトルで提供されるブランデーやウィスキーは、そういったお酒が飲めない人にとっては水割りになったところでしんどいものです。
その代わりにビールが飲めるということを考えると、それだけでも飲みに行くハードルは下がるというものです。

オススメリンク

大阪の昼キャバで女の子と会話を楽しみたいという方にはTIARAがおすすめ。人気のお店なので初めての方もぜひ一度利用してみてください。

アーカイブ

カテゴリー